レカルカ BabyCellクリーム

レカルカ BabyCellクリームは本当に効果あり?口コミが高い理由

レカルカ

レカルカはこだわり成分を配合したコスメ。

CFセラムSYMセラムと並んで人気なのが
レカルカ BabyCellクリーム

今回はこのレカルカ BabyCellクリームについて解説してきます。

レカルカ BabyCellクリームとは?

レカルカ

ヒト歯髄幹細胞順化培養液を配合した美容クリーム!

こだわりの美容成分を使うレカルカですが
このBabyCellクリームもかなり贅沢な成分が配合されています。

幹細胞順化培養液の他にも
肌の保湿に特化したプロテオグリカンも配合!
ヒアルロン酸を超える超強力な保湿力で有名な成分ですが
プロテオグリカンにはコラーゲンを生成する力もあります。

楽天市場での購入はこちらから↓↓

レカルカ BabyCellクリームの成分

レカルカ

ヒト歯髄幹細胞順化培養液

レカルカ BabyCellクリームには
世界特許を取得している成分が配合されています。

それが、不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液
今までの幹細胞コスメの問題点は
幹細胞の性質上である成分の不安定さ。。

しかし、BabyCellクリームに配合されている
不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液は違いみたい。
特許技術により常に安定して高品質かつ安全な培養液が配合されているとのこと!

さらに、ヒト歯髄から出来た培養液は
現在の化粧品の中で、あらゆる肌トラブルへの効果が期待できるみたい!

プロテオグリカン

BabyCellクリームにはプロテオグリカンという成分が配合されています。

美容マニアなら耳にしたことがある成分だと思います。
このプロテオグリカンがまた凄いんです。笑

プロテオグリカンは
なんと、ヒアルロン酸を超える超強力な保湿力があります。
さらにコラーゲンを生成する力があり、精製水の約10倍の保湿力を持っているとのこと
プロテオグリカン自体がかなり希少な成分であり美容効果も抜群!

レカルカ BabyCellクリームの口コミ

楽天のレビューは4.00!

楽天市場でもBabyCellクリームが販売されているのですが
商品レビューがなんと4.00!
コスメのレビューの中ではかなり高い点数で驚き。

さらにレビューの内容を見てみると
高い保湿力に対する口コミがたくさん

実際に投稿されているレビューを紹介しますね!

レカルカ レカルカ

楽天市場での購入はこちらから↓↓

instagramでも大人気!

View this post on Instagram

✴︎   愛してやまない @lekarkacosme のスキンケア  昔 @lekarka123 さんのサロンで エンビロンのトリートメントをしてた時に出会ったスキンケア。 そこからずっとレカルカ一筋です♡  ここ暫くサロンには行けてないのですが スキンケアだけでもお肌の良い状態をキープ!  写真2枚目はレカルカ&エンビロンの組み合わせ。  吹き出物とか調子悪い時は エンビロンのマスクを使用したりしてます!     #lekarka #lekarkacosme #レカルカ #レカルカ愛用中  #不死化ヒト由来歯髄幹細胞 #幹細胞コスメ #maas #vitamina #ビタミンA #ビタミンC #environ #エンビロン #おうちエステ#environskincare #skincare #beauty #instabeauty #bestcosmetics #medicalcosmetics   

A post shared by juri (@84_9_6_i) on

https://www.instagram.com/p/B8yuz3Tg7oL/

取り扱い店舗は?

レカルカCFセラム

レカルカ BabyCellクリームは主に百貨店サロンで販売されています。
ネットだと楽天市場とレカルカ公式ショップ!

販売されている店舗は多いですが、私がオススメするのは
楽天市場です。

楽天で購入すると楽天ポイントが付きますし、おトクに買えちゃいます
さらに楽天のキャンペーン日に購入するとポイントが倍増したり!
楽天でまとめて購入するのが私の買い方です。笑

まとめ

今回は、レカルカ BabyCellクリームについて解説しました。

CFセラム・SYMセラムと同じで
ヒト幹細胞を使用したこだわりの美容クリーム。

ヒト幹細胞だけではなく、プロテオグリカンも配合されている優れもの!
プロテオグリカンはヒアルロン酸を超える超強力な保湿力があり希少な成分です。
価格はかなり高いですが、楽天でのレビューも高く口コミも良いのでオススメですよ。

楽天市場で購入すると楽天ポイントが貯まりやすいのでオススメ!

楽天市場での購入はこちらから↓↓

今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。